平成31年4月後半の法語

平成31年4月後半_法語

4月も半ばになりました。

田んぼも水が張られ、着々と田植えの準備が整いつつあります。

西宗寺の桜もヒラヒラと散って、今日は、雪の上を歩いているようです。

 

今月後半の標語は、

 「たった一言が 人の心を傷つける たった一言が 人の心を温める」

としました。

 

学校に通う子供たちが、近くのおじさん、おばさんが、見てくれないかなとの思いで書きました。

私たちは、何気なく人と話をしたり、人の話を聞いたりしていますが、私の口から出る一言一言が、相手を知らぬ間に傷つけたり、いやな思いをさせたりします。

私たちの行い、身のこなしにおいてはなおさらです。

今日一日の私の振る舞いはどうだったのでしょう。

恥ずべし、痛むべしの思いです。

お互いに考えていきましょう。

 

明日は、京都のご本山にお参りします。

静かに祖師の前に手を合わせて来たいと思います。