平成31年2月後半の法語

平成31年2月後半_法語

立春過ぎても雪のない今年の2月半ばです。

桜も早く咲くのでしょうか。

夏はどうなっていくのでしょう。

 

先日の門信徒総会では、建設的な意見を話し合ってくださり、他に類を見ない運営がなされていることに、感心したことです。

これからはハード面だけでなく、人の心の内面、ソフト面も発信できる寺院の姿を求めていかねばと。

 

今月後半の標語は食前の言葉

 「多くのいのちと 皆様のお蔭により この御馳走を 恵まれました」

としました。

 実は西宗寺の30年度、31年度の実践目標は、合掌の姿(食前食後、仏参、日常生活)を家庭の中で相続、としているからに他ありません。

日常生活の中で、手をあわすスタイルのなんと少なくなってきたことか。

 

「多くのいのち」とは? 「みなさまのおかげ」とは? 「めぐまれる」とは?

今朝の食卓、昼食、夕べの食卓だけを見ても多くの事を学ばさせていただきます。

私の姿を考えてみましょう。

わがままは言えませんね。